全国信用保証協会厚生年金基金

Q&A

基金事務局に寄せられたお問合せの事例集です。疑問に思われた内容について、掲載されているかも知れません。ご参考にしてください。

基金に加入中の方のご質問

加入員証をなくしたのですが、どうすればいいですか?
事業所基金担当部署へ連絡して、再交付の手続きを行ってください。
産休期間中、育児休業中の掛金はどうなりますか?
(平成26年4月30日以降に、産前産後休業が終了となる方からの産休期間中)および育児休業中は、加入員分も事業主分も、事務費掛金を除き免除になります。「産前産後休業取得者申出書」または「育児休業取得者申出書」を提出してください。
離婚した場合、基金の年金の記録を分割することはできますか?
基本年金部分(代行部分)が分割の対象になります。
受給見込額を知りたいのですが、どうしたらいいですか?
開示等申出書に加入員証の写しを添付して送付してください。

基金からの年金を受けている、または受けようとされている方のご質問

基金からはどんな給付が受けられますか?
その人の年齢や加入員期間によって受給できる給付がちがいます。
一時金を受けても年金は受けられますか?
一時金として受給できるのは加算部分だけです。基本部分は年金として受給するようになります。
年金の支払い月はどのようになっていますか?
偶数月(年金額が9万円以上の場合)の1日に、前2か月分が振り込まれます。
金融機関の休業日のときには、直後の営業日になります。
60歳前に基金を脱退しています。支給開始年齢になった時にはどうすればいいですか?
支給開始年齢になる少し前に、基金から案内が届きますので手続きを行ってください。
国の老齢厚生年金を繰下げ請求した場合、基金の年金はどうなりますか?
基本年金は、国の老齢厚生年金の代行部分です。老齢厚生年金と基本年金のどちらか一方だけを繰下げすることはできません。基本年金は老齢厚生年金と同じように繰下げとなります。
基金へ「支給繰り下げ届」を送付してください。
基金から基本年金と加算年金を受けています。万一死亡した場合、どうなりますか?
基金からの給付はすべて終了となります。加算年金は15年保証となっています。受給開始後15年未満で死亡したときには、受給していない期間分が遺族一時金となります。基本年金は、国からの遺族年金の一部として支払われます。
年金支払月になっても年金支払に関する通知書が届きません。どうすればいいですか?
年金支払通知書は原則1年に1回、毎年5月末に三井住友信託銀行から送付しています。
6月から翌年の4月までの支払額について記載されています。その後、支払額に変更が生じたときには、その都度送付されます。
年金に税金はかかりますか?
基金の年金は、「雑所得」として所得税が課税対象となります。退職に起因して支払われる基金からの一時金は、「退職所得等とみなす一時金」となりますので、事業所からの退職金の額と合算して税額を計算します。
確定申告に必要な「公的年金等の源泉徴収票」はいつごろ送付されますか?
基金からは1月中旬に三井住友信託銀行から送付します。万が一なくしてしまったときには、再発行の手続きを致しますので、基金事務局に連絡してください。
基金から年金を受けています。引っ越しをしたのですが、届出は必要ですか?
「受給権者住所変更届」を提出してください。
  • 〒104-0042 東京都中央区入船2-10-8 オーク入船ビル3F
  • 03-5542-8081
ページトップ